top of page
  • 執筆者の写真HiSR

3次元電離圏トモグラフィー

更新日:2022年8月14日

                    https://www.hrl.jp/

​電離圏トモグラフィー  GPS衛星から送信される2周波の電波(1575.42 MHz, 1227.60 MHz)の電離圏遅延量を地上受信機で観測することで, 衛星と受信機間のSlant TECを求めることができます*1。この手法は超高層物理学において極めて有効な手法として広く用いられています。  多数のレイパスにおける Slant TEC を用いて逆問題を解くことで電子密度分布を 再構成することが可能ですが, データ数の制限や水平方向のレイパスの欠如のため, これを精度よく解くことは容易ではありません。多くの場合, 何らかの初期分布や先見的情報を用いて再構成を実現しますが, このような方法は擾乱構造の再構成には不向きといえます*2, 3  そこで, データ数の制限や水平方向のレイパスの欠如に 起因する問題を解決するため, ニューラルネットークと GPS データを用いた手法 (RMTNN法:*4)を採用することで、特定の電離圏モデルに依存することなく, 少数データからの再構成が可能です*5, 6


Fig.1 GPS 外観





*1 Mannucci et al., 1998 *2 Austen et al., 1988 *3 Seemala et al., 2014 *4 Ma et al., 2005 *5 Hirooka et al., 2011 *6 Hirooka et al., 2014




Fig.2 スマトラ島上空の電離圏トモグラフィー結果


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ChatGPTを用いた音響解析

「opensmileを使ってfeature importanceを計算して」 以下の通り、概ね妥当なコードを生成していると考えられます。 #開始 OpenSMILEは、オーディオ特徴抽出ライブラリであり、音声データからさまざまな特徴を抽出することができます。特徴重要度(Feature Importance)を計算するためには、通常、機械学習モデルを使用することになります。 具体的には、以下の手順で

Commenti


bottom of page